通夜の足音

投稿者 – 仔犬神スケキヨ

 これは以前職場で一緒だったUさんと言う男性から聞いた話です。ある日私が、学生の時は心霊スポットによく行っていたんだ……。という話しをしていると、Uさんに声を掛けられました――。

「ひょっとして君は、霊感とかあるの?」

 私は自分でよく分からないが、多少はあるかも知れないと、そう考えています。それを伝えると、Uさんが――。

「俺、霊感ゼロだけど、この前変な事があったんだ。良かったら聞いてくれない?」

 そういう流れで頼まれると、気になってしまうのが性というもの。期待を胸に馳せながら、Uさんのお話を聞かせて頂く事になりました――。

 Uさんの出身は岩手県。実家が東日本大震災で津波に流されてしまい、父親が行方不明になってしまったそうです。数カ月後、地元に残っている兄から連絡がありました――。

「親父が見つかったから、葬式しようかと思うんだけど。」

 心のどこかでまだ生きてるかも知れない。そんな希望を持ち続けていたそうですが、反面おそらく駄目だろうなとも考えていたそうです。気持ちの準備は出来ていました。

 Uさんは一週間ほど休暇を取り、妻と2人の子供を連れて岩手に帰りました。久しぶりに兄と再会し、積もる話をしていれば、子供達も久々の田舎ということで、従兄弟たちと楽しく遊んでいる。この暖かい光景に、不思議と悲しい気持は無かったそうです。兄の自宅に荷物などを置き、葬儀を行うセレモニーホールに向かいました。

 お通夜では、集まった多くの親族と酒を酌み交わし、父親にまつわる話で大いに盛り上がりました。 それから夜も更けてきて、皆ぼちぼちと帰宅したり、その場で眠りに就いたりと、次第に静かになっていく。一晩の付添いは兄がする。東京からの長旅御苦労、ゆっくり休めと言われていたので、Uさんも酔いが回った良い気分で寝に付くことにしました――。

 どれほど寝ていたのだろうか、深夜に兄がUさんを起こしにやってきました。何の用かと聞くと、ちょっと父親の所へ来て欲しいとの事。腫れぼったくなった瞼を擦りつつ、フラフラと隣の父親がいる部屋に向かいました。

 2人で椅子に腰を掛け、兄が缶ビールに口をつけながら――。

「お前も飲むか?」

 と差し出してくる。寝起きだし、さっきまでたらふく飲んだ後でしたが、こんな機会も滅多にないだろうと、缶ビールに手を伸ばしました。兄が父親の昔話を始め、しんみりとした顔つきになってきたのを見て、感傷にでも浸っているのかな?と、Uさんは相槌を打って聞いていました。

 その話の途中、急に不自然さを感じる様な間を置いて兄が――。

「お前には聞こえないのか?」

 そう聞いてきました。Uさんが何の事を言っているのかを聞き返すと――。

「ああ、そうか……」

 とため息をついて、兄はまた父親の昔話を続けました。しかし、話しだしてものの1分も経たないうちに、すぐにまた――。

「お前本当に聞こえてないのか?」

 今度は強めな口調で問いただされたので、一体何の事を言っているか分からないUさんは、逆に兄を問い詰めたそうです。さっきから何を言っているのかと。その問答の途中「シッ!!」と人差し指を口の前に当てて、兄がUさんを制止しました。一瞬部屋がシーン無音になったその時です――。

「ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ」

 ツヤツヤな石のタイルの床を、裸足で歩いているような足音が聞こえるのです――。

 Uさんはハッと思い、部屋中をぐるりと見回してみました。けれども此処には兄とUさんと、動くはずがない父親しかいません。Uさんは兄に、これは一体何なのかと聞きましたが、兄もこれが分からないと答え、また2人ともが無言になりました――。

「ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ」

 足音は部屋の中をぐるぐると練り歩くように回って聞こえます。今自分がいる場所が場所だけに、不気味に思ったUさんは元いた部屋に戻る事にしました。椅子から立ちあがった際に、兄にも向こうの部屋に行くか?どうするか?と聞きましたが、兄は――。

「俺は朝までここにいるよ」

 と答えて、ビールをグイッと飲み干しました。何となく不安が残るものの、兄を一人残してUさんはまた眠りに付きました――。

 一通りお話を聞き終えた後、Uさんに感想を問われました。

「君はこれ聞いてどう思う?」

 しかしどうもこうも、霊感があるようで持ち合わせていない私には、不可思議な話としか理解できなかったので、セレモニーホールという場所柄、何かそう言ったものに出会う確率も高いのではないでしょうかと、取り留めも無い答えを伝えました。

 私の答えに何かを期待していたのでしょうか。Uさんは少し浮かない顔をしてこう続けました――。

「普通に考えれば足音の主は親父、何だろうけどな。でも俺には別の誰か、何かだった気がしてしょうがないんだよなぁ……」

この恐怖をシェアする――。